-->                      
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ボーダーコリーの飼い方
ボーダーコリーは、従順で賢い犬種なので、室内で飼育するのに適しています。
従順な犬種ですが、信頼関係を築くためには、知的好奇心を満足させながらバランスのいい運動やトレーニングが必須となります。
散歩の量よりも質が重要になります。
ボーダーコリーは、エネルギーに満ちあふれているため、毎日の散歩に多くの時間をかけなければなりません。
基本的に室内で家族とともに過ごすのがよい環境といえますが、
狭いところは苦手で動き回るスペースは確保する必要があります。
運動不足を解消させなければ、ストレスのため問題行動に発展してしまう恐れがあります。
ボーダーコリーを飼うときに、注意しないとならない点でしょう。
| ボーダーコリーについて | comments(4) | trackbacks(1) |
ボーダーコリーの特徴
ボーダーコリーの魅力は、犬種と比べてみても賢いことと運動能力が高いことがあげられます。
均整のとれた体形で骨格もしっかりして、優雅さと俊敏さを持ち合わせているところが魅力です。
体力的には持久力、抜群の体力など、これらの能力のバランスが素晴らしいものを持ち合わせています。
スタミナ抜群で、歩く様子は力強く、走るときは持久力抜群のうえ、瞬時にスピードと方向を変更できる軽快さも持ち合わせています。
機敏さ、耐久力などどれをとってもずば抜けて素晴らしいものをもっています。
フライングディスクの犬の競技大会などでは、上位を独占してしまうほど素晴らしい活躍をしています。
| ボーダーコリーについて | comments(0) | trackbacks(0) |
ボーダーコリーとは
ボーダーコリーはイギリス原産の牧羊犬の中で、羊を統率する能力においては作業能力が高く、牧羊犬の中では最も優れた犬種のひとつといわれています。
ボーダーコリーに勝る牧羊犬はいない」といわれるほど、牧羊の盛んな諸国のなかでは、飼われている犬種のなかで一番多い犬です。
犬種として認められたのは、最近のことです。
起源は確かなものはありませんが、8世紀頃バイキングによってスコットランドに渡りさまざまな混血によってボーダーコリーとなりました。
主要国の犬種団体に公認され、ショードッグとしても認められるようになりました。
公認の犬種として認められたのは、最近のことです。
| ボーダーコリーについて | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |